楽天モバイルが最強の携帯会社になる日が来た(楽天回線エリア内ならね)

スマートフォン
スポンサーリンク

どうも、タニアリと申します。

ここのところ、回し者かというくらいには楽天モバイル推し推しではございますけれども、これも一重に楽天経済圏が順調であるが故、そして後発だからこその破壊的価格であるからに他ならない訳で。

我が家も一応楽天回線エリア内ということでその恩恵にあずかっている最中ではありますけれども、この度楽天モバイルが更なる破壊的料金を引っ提げてきたというから、私、困惑しているまであります。

ごりごり契約してみた記事などもございます。

楽天モバイルのファーストインプレッション。普通に使えるし速度早い
どうも、タニアリと申します。 先日申し込みを行いました、楽天モバイルが届いておりました。 私ひとりの力でどうにかなるものでもありませんし、なんだったら回線に対しては1円も払っていませんので、救うも何も甘い汁を吸っているだけなのですけ...

楽天モバイル、0円~2980円の従量課金制になる

今までの楽天モバイルは「どれだけ使っても2980円」でした。
つまりはそんなにネット使わない人だって2980円だったわけなんですが、これが段階性従量課金システムを取り入れたことで、ヘビーユーザもライトユーザもニッコリできるプランが爆誕するようです。
https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/un-limit/?l-id=top_carousel_fee_un-limit

0円~2980円の段階性プラン

最大の料金は今までと変更ないものの、1GBまでの通信量であればなんと0円です。
あまり1GBまでの使用量というのは現実的ではないものの、ほとんどのユーザは1980円の料金枠で収まりそうですし、ライトユーザなら980円で使えてしまえそうです

特にこのご時世、リモートワークで家にいることが多かったり、休日も満足に外出して遊べないとなると、携帯の通信量ってほとんど使わないじゃないですか。(ご自宅に固定回線ひていれば)
そうなってくると、こういう従量課金のプランはかなり魅力的ですよね。
しかも今まで使い放題の値段と変わらない料金だっていうんだから、ユーザ側の損はないんです。楽天モバイルユーザは、ほかのキャリアと比べても1人あたりの通信量が多いらしいので、こういう段階性のプランを設けることで、ライトユーザも取り込もうっていうことなんでしょうね。ライトユーザっていうか、これくらいやらないと「ahamo」とか「povo」に勝てないですからね

そもそも980円で3GBって、音声通話なしのデータ専用SIMの値段ですからね。それに電話も受けられるし、楽天Linkを使えば国内発信無料って、価格破壊以外の何ものでもないのでは…?楽天回線エリア内であれば。
一応、楽天回線エリア外であっても、KDDIのエリアを5GBの範囲内で使用することが可能なので、まったく使えない訳じゃないんですけれども、だったら「povo」にするわいっていう。

今の料金プランで申し込んでも損しない

じゃあこの新しい料金プランが始まってから申し込もう

などと思っている人もいるでしょう。
しかし、その頃には1年無料キャンペーンが終わっている可能性もあります。
ならば今最もお得なのは、4/1から自動的に新しい料金プランに変わる上に1年無料も引き継いで継続してくれる、そうまさに今なんですよ!

新しい料金の天井価格と、今の定額料金の価格に変化がないので、1年間無料の間に申し込んでしまって、うま味を存分に味わった後、寝かせるなり解約するなりを検討すればいいと思うんですね。

裏があるんじゃないの…?

裏っていうか、エリアが極狭ってことじゃないですかね。楽天回線エリア外=圏外ということではないですが、少なくとも楽天回線エリア内でなければすべての恩恵を享受できないので、楽天モバイルを契約すれば、すべての人がいつでもどこでも!この料金で!このサービスで!…というわけではないです。

通信・エリア | 楽天モバイル
楽天モバイルの通信エリア(サービスエリア)を、地図や検索でご確認いただけます

楽天回線エリアであるかどうかは調べる他にはないので、契約前に一度確認した方がいいでしょう。ただ、うっかり確認せずに契約しても、”面倒くさい”というデメリット以外はなく解約できしまうのも、楽天モバイルの魅力ですね。
なによりインターネットで完結できるのが素晴らしいんですよ。ほんと、モバイル解約しようかなって思っても何が面倒くさいって電話しないといけないのが面倒くさいし、24時間いつでも自分の都合で処理したいのに、なんで金払ってまでそっちの都合に合わせて電話とかしなきゃいけないのかねぇ、はぁーあ、面倒くさい!(養分)

そういう感情が芽吹かないのは楽天モバイルのいいところなので、積極的に利用されたらいいんじゃないかなと思っております。